マッスル サプリ 比較

マッスルサプリメントを成分内容量を中心に比較しました。販売金額も掲載しましたので、検討しやすいと好評です。

  HMB配合量
(1日当たり)
その他成分 商品名 定期購入価格・送料 価格条件 詳細
2,000mg クレアチン
BCAA
グルタミン
ビタミンB2
黒ウコン
クラムチャイダム
バルクアップHMBプロ

 

マッスル1
初回500円(税込)送料無料
2回目以降5,590円(税込)送料別
3回の継続 詳細
2,000mg クレアチン
BCAA
グルタミン
シトルリン
アルギニン
オルニチン
セルロース
ディープチェンジHMB

 

マッスル2
初回500円(税別)送料無料
2回目以降9,100円(税別)送料無料
5回目以降6,500円(税別)送料無料
4回の継続 詳細
1,600mg クレアチン
BCAA
グルタミン
オルニチン
黒生姜エキス
黒胡椒エキス
ビタミンE
フェヌグリーク
ポリフェノール
トンカットアリ
バイオペリン
シュリンPF
CoQ10
メタルマッスルHMB

 

マッスル4
初回500円(税別)送料無料
2回目以降6,480円(税別)送料無料
4回の継続 詳細
1,500mg クレアチン
BCAA
カルニチン
トンカットアリ
フェヌグリーク
グルタミン
バイオペリン
ストライクHMB

 

マッスル3
初回0円送料500円(税込)
2回目以降5,925円(税込)送料無料
3回の継続 詳細
1,500mg 還元麦芽糖
カルシウム
HPC
セルロース
二酸化ケイ素
HMBマッスルプレス

 

マッスル5
毎回4,950円(税別)送料無料 なし 詳細

アメリカで販売されているマッスルサプリメントを個人輸入する方法

もしも、アメリカで出回っているマッスルサプリメントを買いたいと思った時には、日本のサプリメントのように気軽に買うことができるでしょうか?

 

経験の無い人からするとハードルが高いイメージがありますが、アメリカのマッスルサプリメントを個人輸入するのは、そう難しいものではないようです。

 

健康で長生きするために食生活だけで栄養バランスを整えることは非常に難しく、足りない栄養素をサプリメントで補っている方はたくさんいます。

 

健康維持のために何かサプリメントを飲みたいと思っているけれど、サプリメントの種類が多すぎて比較できない人もいます。

 

日本のサプリメントが比較できないなら、海外のサプリメントはどうでしょう。

 

アメリカはサプリメント先進国であり、大勢の人が日常的にサプリメントを使っています。

 

企業側の競争も激しく、質の低いサプリメントはあっという間にマーケットで見なくなります。

 

日本の市場では生き残れているようなサプリメントでも、アメリカであっという間に忘れ去られてしまいます。

 

アメリカの市場で人気のサプリメント商品は、製品の品質は良く、値段も安い場合が多いのです。

 

アメリカではサプリメントの品質基準が厳格に規定されているので、品質の良いサプリメントが販売されています。

 

インターネット通販で、個人輸入を依頼すれば、日本にいながらアメリカのマッスルサプリメントを入手し、継続的に利用してみることが可能になります。

 

アメリカ国内で流通しているサプリメントを専門的に扱っているようなWebショップもありますし、個人輸入代行業者に、輸入して欲しいマッスルサプリメントを直接頼むことも可能です。

 

アメリカのマッスルサプリメントを比較すると、日本で買うよりもコストが安く、たくさん入っているものも多いことから、金銭の節約になることもあります。

マッスルサプリメントとプロテイン

マッスルサプリメントの補給をしている人は少なくないですが、しばらく前に、プロテインが人気を博していた頃がありました。

 

プロテインは、今でも愛飲しているという人が、意外と大勢いるようです。

 

プロテインは、筋力増強や、ダイエットのために、運動直後などにすぐ使えるので、便利に使われています。

 

運動後の水分補給もできますので、マッスルサプリメントを飲むことは理に叶っていることです。

 

様々なプロテインがありますが、運動の後に摂取すると効果が高いというサプリメントはどんなものでしょう。

 

プロテインと銘打ってはいますが、運動後に疲労から回復することを目的にしているものの場合、ナトリウムが多めに入っていることがあります。

 

ナトリウムが含まれているのは、塩分を補給するためです。

 

運動をすると体内の塩分が失われるために、ナトリウムを補うといいといわれています。

 

スポーツドリンクは、ナトリウムを含む飲み物として、運動後に使うことを想定されているものです。

 

ですが、ナトリウム配合ドリンクという表記をするよりも、プロテインという書き方をしたほうが売れやすいことから、スポーツドリンクをプロテイン飲料として販売する店もあります。

 

マッスルサプリメントと比較すると、スポーツドリンク扱いのプロテインは、あまりアミノ酸が含まれていないことがあるようです。

 

商品説明の内容ほどはアミノ酸が含まれていないけれども、そういう売り方をしたほうがよく売れるという理由で、プロテインを売る製造会社も存在しています。

 

マッスルサプリメントでHMBを補給したいという場合は、そのサプリメントに含まれているHMBがどのくらいかを、購入前にしっかり把握しておく必要があるでしょう。

単位取得後の試験が必要なサプリメント資格

マッスルサプリメントなどを販売するにはどのような資格が必要なのでしょうか?

 

単位を得てから、試験に合格しなければ資格が得られないサプリメントの資格があります。

 

健康食品管理士認定協会が扱う健康食品管理士は、受験や試験には資格が必要です。

 

課目の免除条件に、国家資格の取得やそれに準じるものがあるということがあるようです。

 

資格を得てからも、健康食品管理士は5年毎に単位を得て資格を継続させることが条件です。

 

健康食品管理士より比較的取りにくい資格として、サプリメントアドバイザーがあります。

 

日本サプリメントアドバイザー認定機構によるもので、簡単には取得できません。

 

日本臨床栄養協会の会員や学生会員であり、通信教育や講演会の研修単位を40単位取得していることが必須となります。

 

資格の更新は5年に1度行われ、その時点で継続して日本臨床栄養協会の会員でなければなりません。

 

この他、比較すると資格が難しいとされているものに栄養情報管理士があります。

 

国立健康・栄養研究所という独立行政法人の資格です。

 

資格を保持するには、3年ごとに資格更新に必要な12の単位を取得しなければなりません。

 

受講資格や受験資格が設けられていることからも分るように、試験を受けて取得する方が、単位の取得だけで資格取得できるサプリメント資格より難易度は高いです。

 

サプリメントの資格を取得することでどんな知識を必要としているかで、取得すべき資格が異なります。

 

資格を得てどうしたいか、どの条件を満たしているかで取るべきサプリメントの資格を比較する必要があります。

 

マッスルサプリメントも資格を持っている方が比較してくれると選択するのが楽ですよね。